文化系理学療法士のヨガ日記

ヨガ好きの理学療法士 が心と体の気づきについて書いています。2011年理学療法士免許、2013年RYT200取得。

ハラーサナから学ぶ2 続編~入院・休職~

救急車が来るまで

 翌日、私は入院するのですが、その経緯を時系列で書いていきます。

8:00 

 膝の腫れが強くなっている。激痛が継続している。熱は38℃台でただただしんどい。アイスノンはすでに暖かくなっており、全く効果がない。市販の痛み止め・解熱剤も効果がない。膝と熱について説明し仕事を休んで診察にいく、もしかしたら暫く勤務できないかもしれないと勤務先の病院へ連絡する。

 救急車を呼びたいが、体動すると膝が痛くて着替えに時間がかかる。左膝が腫れのため屈曲20度くらいで伸展・屈曲制限が生じており、両足で立てない。寝転んだまま激しい鈍痛に耐えながら着替えようとする。

 

11:00

 着替えの途中、昨晩の睡眠不足と熱のしんどさのため、うたた寝をしてしまい、気が付くとこんな時間。スカートが途中までしか上げれていない。膝が伸びないのでズボンは履けない。出歩ける格好ではないが、救急車を呼ぶ。外に出るには階段を降りなければならないが、この脚では無理だ。ストレッチャーに乗ることになるだろう。服装はギリギリセーフだ。

 

救急車がきたものの

11:30

 救急車が到着する。ストレッチャーを持ってきてくれていない。「脚痛いんですか?」「階段降りれますか?」と救急隊の方は聞いてくる。なんだかおかしい。やりとりのなかで、膝ではなく肘だと聞いていたことが分かる。昨晩から39℃の熱が出て膝が腫れていて激痛で、動きの制限もあり歩けないこと、ましてや階段なんて降りれないことを説明する。先が思いやられた。

 ようやくストレッチャーを持ってきてくれる。それまで立って待たされかけたので、自ら玄関の上がり框に座って待機する。

 

救急車の中

 血圧とか体温を測られる。体温36.5℃。当然救急隊は熱なし、と判断し平然としている。昨晩から熱が出ていることを説明しているにも関わらず。体温が低く測定されたのは、発汗した状態でエアコンの強く効いた涼しい救急車に入ったから、気化熱で冷えているためだ。

 どんよりした気持ちで救急車に揺られた。

 

つづく

ハラーサナから脱線してきた